--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012
04.19

子育てサロン「にこネット」

みなさんこんにちはお子さんと戸外遊びが気持ちいい季節となりました
4月19日(木)に今年度初めてのサロンを開催しました
みなさんが初参加の方でしたまず始めは…みんなで元気に「アブラハムの子」の体操をしましたその後、自己紹介をし、日頃の子育てについての悩みや相談をしました。食事についてや、トイレトレーニングの方法、絵本について、おススメのレジャー施設などの話題がでましたママ同士で悩みなどのおしゃべりをしながら、先輩ママから参考になるお話が聞けたかと思います
手遊びは小さな庭をやりました春を感じられる手遊びですそして最後に、絵本を読みました

[こぐまちゃんおはよう」

koguma.jpg


 眠たそうな顔のこぐまちゃんで始まる幼児の基本的な一日の生活を描いた絵本です。「みてて、みてて」と得意げな歯みがき、何でもおいしそうに食べる朝食、おもちゃの動物をいっぱい従えてのお兄ちゃんぶり等、楽しんで読むうちに「こぐまちゃんとおなじに…する!」という憧れや自立心が生まれるような絵本です!

「ぞうくんのさんぽ」

ぞうくんのさんぽ


 気のよさそうなぞうくんが、みんなを背中に乗せて散歩に行く光景が愉快です。友達を散歩に誘う会話はほのぼのとしたテンポで進み、その間合いは何ともユーモラス。
デフォルメされた動物たちはやさしげな色合いに塗られ、丸みを帯びたからだが質量感を与えます。そして、ゆっくりと時間が流れた直後に起こる、突然のできごと。この緩急の変化が子供にはたまりません。

「せんろはつづく」

せんろはつづく


 線路をつないで列車を通す楽しさに気づかされる絵本。どんどん線路をつないでいき、目の前の障害を回避する事で鉄橋ができたり、踏み切りができたり。そこに汽車が通る時の快感。子ども達が線路遊びに夢中になる気持が理解できます。リズムカルな文章と場面転換もとても心地良く繰り返し読んでも飽きません。


子どもたちは3冊の絵本をとても集中して見ていました

絵本の読み聞かせに難しいルールはありません。簡単な3つのポイントを押さえれば十分です。
ポイント1
読み手がその本を好きになること。その本を何回も読み、そらんじても読めるようにしてみましょう。
ポイント2
本選び。対象となる子どもの興味、関心に合った内容の絵本を選ぶことが大切です。子どもの年齢や、発達を考慮しつつ、日頃からこどもが何に興味があるかをよく観察しておきましょう。
ポイント3
読み方。ごく自然に読みながら、ときどき間を入れて、子どもの表情や気持ちを感じながら読む事が大切です。
楽しい読み聞かせで、絵本とのよい出会いをして下さいね!!
参加して下さったみなさんありがとうございました

次回の子ネットは…5月16日(水)西中央公園で青空サロン「にこネット」を行います
10:30~11:45の予定です詳細は後日お知らせしますみなさんの参加お待ちしています
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://fujiminokonet.blog36.fc2.com/tb.php/123-b739d259
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。